2014年にあえてガラケーを買う場合の、auのおすすめケータイ。 | 貧乏貴族の優雅な生活

2014年にあえてガラケーを買う場合の、auのおすすめケータイ。

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

2014年にあえてガラケーを買う場合の、auのおすすめケータイ。

わたしは現在スマホとWifiルーターを2台持ちしています。
通信費を節約するためです。

しかし、今の生活スタイルだともっと安くする方法があるみたいです。

スマホをMVNO(OCN モバイル ONE)で持つ&ガラケーの2台持ちにしようと思います。
毎月の支払い金額が2100円ぐらいまで抑えられそうなかんじ・・・。

まずは、手ごろなガラケーを購入することにしました。
auショップで買うと高くつくので、AMAZON or 楽天で白ロムを買います。
どんなガラケーがあってどれが使いやすいのか、比較検討してみました。

photo by Nemo’s great uncle

PT003(パンテック)

新品で買える機種の中では、一番安いと思います。
AMZONで6900円。

しかし、AMAZONや価格コムのレビューを見てみると、評判が良くないです。
動きがもっさりしているとのこと。

通話はふつうに使えて、音質も悪くないようです。
価格を抑えたい方にオススメですね。

MARVERA(京セラ)

2013年冬に発売された機種です。
2014年は新しいガラケーは発売されていないため、最新機種になります。

レビューの評価はわりと良いです。
悪いレビューに書いてある、「サイドキーが押しづらい」、「本体が(二つ折りから)開きづらい」がちょっと気になりますね。
AMAZONで10800円。

GRATINA(京セラ)

こちらも2013年発売の比較的新しい機種です。

レビューの評価は、前述のMARVERAとあまり変わりません。
バッテリーの持ちが非常に良いらしく、悪い評価のレビューでも「バッテリーが恐ろしく持つ」と書かれています。
AMAZONで9300円。

まとめ

わたしは、最終的にはGRATINAを購入しました。

  • バッテリーの持ちがよいらしい。
  • 白色があった(色ハゲが目立ちにくいので)。
  • 価格も許容範囲内だった(白色は高くて12900円でしたが)。

といったところがポイントでしょうか。

auの白ロムを購入する際は、ロッククリア済みのものを購入しましょう。
ロッククリア済みのものであれば、SIMカードを差し替えるだけで使用することができます。

SIMカードは3機種とも”micro au ICカード“です。
2012年以前のスマホや携帯から機種変更する場合は、ご自身のSIMカードを一度ご確認下さい。
au ICカードの画像


白ロムがロックされている場合やSIMカードの種類が異なる場合は、auショップで手続きが必要になります。
2000円ほど費用がかかりますので、ご注意下さい。

関連商品