苦手な仕事に立ち向かわなければならない時に、考えるべきこと。 | 貧乏貴族の優雅な生活

苦手な仕事に立ち向かわなければならない時に、考えるべきこと。

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

苦手な仕事に立ち向かわなければならない時に、考えるべきこと。

わたしは、人と話をするのが苦手です
コミュ障と呼ばれる人間なのかもしれません。
もちろん、友達なんてほとんどいません。

しかしそんな私でも、もう6年以上も社会人として働いています。
苦手なコミュニケーションが必要な仕事も、当然あります。
お客さんと話をしたり、場合によってはプレゼンテーションも行わなければなりません。

苦手な仕事に立ち向かうのは、本当にしんどいです。
そんな私が苦手な仕事になんとかして立ち向かおうとする時、何を考えているかをご紹介したいと思います。
根性論です。あらかじめご了承ください。

photo by binu kumar

1.できない仕事は来ない。

Pirching Change 002

あなたの上司は、信頼できる方でしょうか?

あなたに任された仕事がもし失敗すれば、困るのはあなただけではありません。
上司や同僚だってただでは済みません。
上司は、あなたにできる仕事だから、あなたにお願いしているのです

世の中には、無能な上司もいると思います。
あなたに、できない仕事を押し付けてくることもあるかもしれません。

しかし、それで失敗してもあなたの責任ではありません
あなたの力量を見誤った、あなたの上司の責任です
それぐらい開き直った気持ちで望みましょう。

大事なことなので、もう一度言います。
あなたにできる仕事だから、あなたの所へ来たんです。

2.カッコ悪く行こう!

カッコ悪く行こう!
photo by Paul L Dineen

あなたが苦手だと思っていることは、=(イコール)あなたが他人より劣っていると思っている部分です。

わたしの場合であれば、
「話すのが下手だから、うまく自分の言いたいことを伝えられない・・・。」
「他の人と同じようにやっているつもりなのに、結果が出ない。オレはダメだ・・・。」
と思っているわけです。

もしも本当に劣っているのであれば、他の人と同じやり方でうまくいかないのは当然です
自分だけの工夫を考えましょう。
例えば、声が小さいのであれば、身振り手振りを大げさにして、相手の注目をひいて話を聞いてもらいましょう。

大きなジェスチャーで話をしていれば、同僚にイジられることもあるかもしれません
でも、そんなことはどうでもいいんです。
大事なのは、結果を出すことです。



そして、あなたが結果を出すには、カッコ悪い方法しかなかったわけです。
キレイに着陸することなんか、誰も求めていません。

火を噴きながらの胴体着陸で良いのです。
「墜落だけは絶対にさせない。」
そういった強い気持ちを持って、仕事に立ち向かいましょう!

恐怖をがんばって克服して、仕事に立ち向かう人
photo by Rocco Lucia

3.まとめ

近いうちに、また私へ苦手な仕事がまわってきそうです。
もう30代なのですが、正直にいえば怖いとすら感じてしまいます。

でも、逃げるようなことはしません。
だって、怖さを感じないで平然と仕事をこなす人より、
恐怖をがんばって克服して、仕事に立ち向かう人の方がカッコいいでしょ?
(ナルシストなのかな 笑)

以上。

関連書籍