【目的別】日経新聞を無料で読む3つの方法。 | 貧乏貴族の優雅な生活

【目的別】日経新聞を無料で読む3つの方法。

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

【目的別】日経新聞を無料で読む3つの方法。

「社会人になったら日経は必ず読め!」

7年前、わたしが社会人になったころは、まだそんなことを言う人がいました。
最近はめっきりそんな話は聞きません。
必要なニュースや情報は、ネットから取得することが当然になりました。

しかし、日本経済新聞を読むことには、今も意味があります!
経済情報を得るためには欠かせない、信頼できる新聞です。
Yahooニュースからでは、一般的なニュースの表面的な情報しか得られません。
少しマイナーなニュースの詳しい深い情報を得ようとすると、日経は欠かせないのです。

日経を読むには、新聞を購入する以外にもいくつかの方法があります。
見出しだけが知りたいのであれば、日本経済新聞のホームページで十分でしょう。
全ての記事の詳しい内容が読みたいのであれば、朝刊を購読することも考える必要があります。

ここでは、あなたがどういった理由で日本経済新聞を読む必要があるのかの目的別(欲しい情報の深さ別)に、無料で日経を読む方法をご紹介します。

1.見出しがわかれば充分の方

日経新聞のニュースの見出しだけ確認したい方は、日本経済新聞のサイト(日経電子版)を利用しましょう。

もちろん紙とまったく同じというわけにはいきません。
例えば一面がなんだったとかはわかりませんが、紙版とほぼ同じニュースが並んでいます。
記事の見出し(タイトル)を簡単に眺めるだけでも、どんな出来事があったのかは理解できるはずです。

また、景気指標も日経電子版で無料で確認できます。

日本経済の動向を把握するのに役立つ経済指標を一覧できるダッシュボード。データやグラフの保存もできます。

可能であれば直接サイトを見るよりも、RSSを活用することをオススメします。

2.有料会員向け記事も読みたい方

日経電子版でニュースを読むと、一部記事の詳しい内容が読めません。
「有料会員でないと読めない」と言われてしまいます。
ここでいう有料会員というのは、日経電子版の有料会員のことで月4,200円の料金がかかります。

この有料会員限定の記事ですが、実はかんたんに無料で読めます。
それは日経電子版の無料会員になることです。

無料会員でも、毎月10本まで有料会員記事が読めます。
ちょっと少ないですが本当に深く知りたいと思った記事だけに使えば、意外と足ります。
有料会員になる前に、まずは無料会員を試してみて下さい。

3.隅々までしっかり読みたい方

実は、無料で日経電子版のすべての記事を読む方法はありません。

なので、別の手段を使います。
日本経済新聞が運営する日経テレコンというサービスがあります。
実は、この日経テレコンを通しても、日経新聞を読むことができるのです。

そして、この日経テレコンなら無料で使う方法はあります。
2つの証券会社が、顧客へ無料で日経テレコンを開放しているのです。

ⅰ.アプリから読む

楽天証券に口座を持っている方は、
投資ツール「マーケットスピード」から日経が読めます!
(スマホ版もあります。アプリ名はiSPEEDです。)

使用料金は有料ですが、いくつかある中から一つの条件をクリアすれば無料で使用できます。
どの条件もそれほどハードルは高くありません。一度確認して見て下さい。

また、はじめて利用する方は3ヶ月まで無料で使用することできます。
実際に体験してみなければわからないこともあるかと思います、実際に一度使ってみて操作感を確認していただければと思います。

口座はPC/スマホからすぐに作ることができます。ネット上の手続きだけで郵送は必要ありません。

詳しくは楽天証券の公式サイトから確認して見て下さい!

ⅱ.ブラウザから読む

丸三証券に口座がある方は、ツールなしでブラウザから日経を読むことができます。
また、特に条件なしで無料で使うことができます。

しかし、しばらく口座の利用がないと口座が閉鎖されるとのことです。

丸三証券である程度の取引を行える方向けだと思います。

オンライントレード・デイトレ(デイトレード)・ネット証券会社は丸三証券のマルサントレード。証券会社の丸三証券による、ネット証券サイトでのオンライントレード、デイトレ(デイトレード)、オンライン取引サービスのご案内。

ⅲ.どちらが使いやすいか?

わたしは楽天証券をオススメします。

一見、丸三証券の方がハードルが低く、ブラウザで使えるので使い勝手がよく見えます。
しかし、定期的に口座を利用しなければならない点が不便です。

目的は日経をタダで読むことです。
この機会に少額の投資信託を買ってみるなどはアリだと思いますが、株式取引で大きな損を出してしまっては本末転倒です。
条件をクリアしてしまえば安定的に使える、楽天証券が使いやすいと思います。

わたし自身もマーケットスピードから毎朝日経を見ていますが、特に不便さは感じていません。
スマホアプリからも読めるので、通勤電車内でも読めて便利です。
片手で操作できるので、実際の新聞よりも良いですね!

楽天証券には以下のようなメリットもあります。
ホームページ等で確認してみて下さい。

  • 取引がない持っているだけの状態でも口座閉鎖などのペナルティがない。
  • 口座開設の際には楽天ポイントGETのチャンスあり。
  • 証券会社として優秀(取扱商品数/海外株式の特定口座対応など)。

4.まとめ

日本経済新聞の購読料は、
月4,509円。
年54,108円

日経電子版は、
月4,200円。
年50,400円です。

一般庶民からすれば、決して安い金額ではないはずです。

何のために日経を読むのか、どこまでの情報が必要なのか。
よく考えてあなたに合った日本経済新聞の読み方を、探してみて下さい!

「口座を持っているだけで、
PC/スマホから日経がタダで読める!楽天証券

関連書籍