電子書籍は主役にはなれない。電子と紙の使い分け方。 | 貧乏貴族の優雅な生活

電子書籍は主役にはなれない。電子と紙の使い分け方。

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

電子書籍は主役にはなれない。電子と紙の使い分け方。

若い方や流行に敏感な方以外にも、電子書籍が利用されるようになってきました。
あなたの身の回りでも電子書籍を利用している方が、数多くいるのではないでしょうか。

もちろん私も電子書籍を利用しています。
しかし場合によっては、「やっぱり紙の本で買えばよかった…」と電子書籍のデメリットを感じるときがあります。
電子書籍は紙書籍にとって代わるものではありません。あくまでも読む本の一部を補ってくれるツールだと私は思います。
電子書籍には紙書籍との使い分けが必要なのです。

一つの基準として、メジャーな本ほど紙書籍で買うべきであり、マイナーな本ほど電子書籍で買うべきである、と私は考えています。

photo by Zhao !By: Zhao !

1.電子書籍の致命的なデメリット

いまさら大きな声で言うことではありませんが、電子書籍の最大のデメリットは人に貸せないことです。
電子書籍で読んでみて面白かった本を、友達にオススメしたい読んで欲しい、と思っても友達には買ってもらうしかありません。
買うとなるとお金がかかってハードルが上がるので、なかなか読んでもらえないと思います。

特にマンガは自分が面白かったものを人と貸し借りするのは、代表的な楽しみ方の一つです。
貸し借りができないのでは、マンガを読むことの魅力が半減してしまうと言っても過言ではないでしょう。

貸してあげることだけを考えれば電子書籍で読んでみて、面白かったら紙書籍で買うというのもありです。
しかしこれではお金が二重にかかってしまいます。それなら最初から紙書籍で買った方がいいですよね。

2.メジャーな本を紙書籍で買うメリット

メジャーな本には、紙書籍で買うべきメリットが複数あります。

ⅰ.貸し借りの需要が見込める

例えばあなたがワンピースを読みたくて買うとします。この場合あなたの周り(兄弟や友達)にワンピースを持っている人間はいないのでしょう。いれば買わずに借りるはずです。
この状況であなたがワンピースを全巻揃えれば、まわりの人間が貸して欲しいと言ってくる確率はかなり高いと推測できます。
また、貸し借りに限らず、あなたが本を手放したい時にもらってくれる人が見つかりやすいとも言えます。

ⅱ.中古本が入手しやすい

メジャーな本であれば、ブックオフでも手に入る可能性が高いです。古本で買えば購入価格をかなり抑えることができます。
電子書籍も新品の紙書籍に比べれば安いのですが、古本には敵わないですね。

3.マイナーな本を電子書籍で買うメリット

マイナーな本は電子書籍で買ってもデメリットを受けづらいです。それがマイナーな本を電子書籍で買うメリットになります。

ⅰ.貸し借りの需要がない

マイナーな本であれば、貸して欲しいという人はあまりいないでしょう。
貸してあげたいけど、電子書籍だからムリ、ということもないと思います。

ⅱ.電子で買うのが最安値

マイナーな本を古本屋で探すのは至難のワザです。
中古で買えないとなると、電子書籍で購入するのが一番安い購入方法となります。

電子書籍で買うデメリットを受けづらいのであれば、電子書籍で購入すべきです。
本棚のスペースが節約できるといった、メリットのみを受けることができます。

4.まとめ

今の世の中はいろいろなものを人とシェアする世の中です。
電子書籍で買ったせいで人とシェアできずに困っている方は、多いと思います。
メジャーな本は紙で買って、マイナーな本は電子で買う、これで大概は上手くいきます。

当然マイナーな本でも読んでみてから「面白かった。友達にも読んで欲しい!」ということもあります。
これは防げないです。電子書籍を買ったあとであれば紙書籍が半額になるようなサービスの登場に期待しましょう!

逆はあるんですけどね。。

以上。

関連書籍

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)