都会人こそ、高いスーツを着てはいけない。 | 貧乏貴族の優雅な生活

都会人こそ、高いスーツを着てはいけない。

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

都会人こそ、高いスーツを着てはいけない。

スーツって、普通は何円ぐらいするものなんでしょうか?
わたしは新人のときから、3~5万円ぐらいのスーツを着ていました。
その方がシャキっとして見えるし、お客さんからの信頼も得られるのかなと思ったのです。

しかし、あるときから2万円のスーツしか着なくなりました。
サラリーマンにとって所詮スーツは作業着に過ぎないことに、気が付いたからです。
そもそもわたしはSEで営業職ではありません。
見た目で初対面のお客さんに好印象を抱かさなければならないという場面は、少ないのです。

考えれば考えるほど、都会のサラリーマンが高いスーツを着ることには、デメリットしかありません。
逆に、安いスーツを早いローテーションで買い換えることには、メリットがいっぱいあります。

1.高いスーツでも長持ちしづらい

自動車で通勤しているようなリッチな人は別として、普通のサラリーマンの方は電車で通勤していることと思います。
都会の通勤ラッシュは、時にケガ人が出るような激しいものです。
高かろうが安かろうが、スーツがどうしても早く痛みます

また高いスーツを着ていると、押された時や引っ張られた時にイライラしやすいです。
高級な新品のスーツなのであれば、気持ちは分かります。

でも冷静になってよく考えてみてください。
そんなものを着て満員電車に飛び込んでいった、あなたが悪いんです。
満員電車であれば、多少押されたり足を踏まれたりすることは、当然起きてしまいます。

2.安いスーツの方が清潔感が出る

スーツを着るうえで一番大切なのは、清潔感です。
手入れを欠かさないことが重要になります。

清潔感にスーツの高い安いは、あまり関係ありません。
スーツの清潔感には、ニオイが与える影響が大きいと思います。
スーツに付いてしまったお酒やタバコの臭いは、クリーニングしてもなかなか落ちません。
だからこそ、安いスーツの方が清潔感では有利です。

想像してみてください。
買って3年ほどの高級スーツ(クリーニング済み)と、新品の2万円スーツどちらが清潔感があるでしょうか?
スーツは消耗品です。買い換えなければ得られないものもあります。

3.二万円スーツがコスパが高い。

わたしは、スーツを購入するときは、「THE SUIT COMPANY」を利用しています。
洋服の青山」で有名な青山商事が運営する、20代向け、低価格のお店です。

このお店のオンラインショップを、よく利用しています。
一度サイズを把握してしまえば、店舗での購入時のようにサイズを測られることもなくて、とても簡単ですよ。

価格帯は2万円、3万円、4万円にだいたい分かれています。
わたしはやっぱり2万円台のスーツをセレクトします。
ちなみに、スーツの形ごとに型番が決まっているのですが、IZシリーズは余裕のあるサイズになっています。
わたしのように細身のスーツが苦手な人にオススメです。

スーツカンパニーは他にも、

  • 季節の変わり目だと、セールで半額スーツがある。
  • Tポイントとスーツカンパニーの独自ポイントが両方貯まる。
  • 購入すると、次回から使える割引クーポンがつくことある。
  • レディースの商品も充実している。

他の紳士服店にはない、お得なサービスがあります。

4.まとめ

田舎へ引っ越さない限り、満員電車からは逃げられません。
そうである以上、高いスーツを大事に着るよりも、安いスーツを短い期間で買い換えるのが効率的なのです。

わたしは東京に住んでいるため、通勤ラッシュが凄まじいです。
リーズナブルなスーツを着て、みんなで通勤ラッシュに立ち向かいましょう!

以上。


関連書籍