半そでは邪道!ワイシャツは長袖があれば十分。

スポンサーリンク
半そでは邪道!ワイシャツは長袖があれば十分。

夏場になると、大多数のサラリーマンはクールビズです。
でもよく見てみると、クールビズのサラリーマンでも半袖派長袖派がいます。
ちなみにわたしは、ワイシャツは長袖しか持っていません。
一年中長袖で過ごしています。

半袖の方が涼しいのは、もちろんわかっています。
しかし、夏に長袖ワイシャツを着ることには、メリットがたくさんあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.寒暖が調節できる

夏場のオフィスで一番大変なのは暑さではありません。
寒さです。
男性だとピンと来ない方もいるかもしれません。

私の会社のオフィスは、夏になるとひざ掛けをしてる女性がいっぱいいます。
エアコンが効きすぎているからです。

「言われてみれば、寒いときあるかも」という男性も結構いるんじゃないでしょうか?
半袖ワイシャツだと、寒いときは縮こまって震えるしかありません。

長袖ワイシャツであれば、暑い外では腕まくり、
室内にいるときは元に戻して寒暖をある程度コントロールできます。

2.気を使わない

半袖ワイシャツは、脇のまわりが楽です。だから涼しいとも言えます。
でも、脇の周りが空いているからこそ、気になることもあります。
脇から毛がはみ出ていないかとか、臭くないかということです。

長袖ワイシャツであれば、袖をまくっても脇の周りにそれほど余裕はできません。
なので、特に気をつける必要はないのです。
その分ちょっと暑いかもしれませんが…。

3.場所をとらない

あなたはワイシャツを何着もっていますか?

どんな方でも、平日1週間分で5着は必要でしょう。
そうなると、長そでと半そでの両方のワイシャツを持つなら、最低10着のワイシャツを持つことになります。

実際には予備のワイシャツもあると思いますので、もっと多くなるはずです。
ワンルームで一人暮らしのサラリーマンであれば、スーツや私服と合わせてこれらをすべてクローゼットに収納するのは厳しいのではないでしょうか?

夏でも長袖ワイシャツを着ることは、収納場所の節約にもなります。

4.まとめ

長袖ワイシャツの袖をまくる時は、マスターロールというまくり方をおすすめします。
このまくり方であれば、絶対に袖が戻ってしまうことはありません。

完璧でかっこいい腕まくり「マスターロール」のやり方 | ライフハッカー[日本版]
崩れてこない、かつ見映えの良い腕まくり方法を動画で紹介します。

わたし自身、社会人になってから半そでのワイシャツを着たことは一度もありません。
そしてそれで今まで、特に困ったことはありません。

もしあなたが、半そでのワイシャツを買おうと考えているのであれば、本当に必要なのか?
もう一度考えてみてはいかがでしょうか。