浴室暖房なんかいらない!冬の風呂場を一瞬で暖める方法。

浴室暖房なんかいらない!冬の風呂場を一瞬で暖める方法。

初めに断っておきますが、久しぶりにちょっと貧乏くさい話です。
あなたのおウチには浴室暖房はあるでしょうか?

あるという方、リッチですね。
以下の文章を読む必要はまったくありません。

ないという方。普通はないですよね!
わたしと同じような一人暮らしの人間であれば、ない方が大半のはずです。

浴室暖房がないと、冬のお風呂場ってスゴく寒いです。
今回は寒い時期のシャワータイムを、わたしがどう乗り切っているかについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.基本的な対策

まず最初に基本的な対策について。

  1. 服を脱ぐ。
  2. 浴室へ入る。
  3. シャワーからお湯を出す。

この順序で行うとすごく寒いです。
浴室に入った瞬間が寒いし、お湯が出てくるまでは時間がかかるので、最初は冷たい水が出てきて拷問のようです。

以下の順番で行うと少しマシになります。

  1. シャワーからお湯を出す。
  2. 服を脱ぐ。
  3. 浴室へ入る。

浴室に入る時には湯気で多少浴室が暖まっています。
すぐにお湯を浴びることもできるので、寒さを軽減できます。

でも、これは行っている方も多いかと思います。

2.寒さの正体

浴室

シャワーを浴び始めて10分ほどすると、浴室全体が暖かくなってくると思います。
この状態にもっと早くすることができれば、寒さを軽減することができます。
どうやって早くこの状態にするかが、寒さ対策のポイントです。

お湯を先に出しておいても、すぐにこの状態にはなりません。
何が暖まれば、浴室全体が暖まったように感じるのでしょうか。
自分の体?それとも浴室内の空気?

答えは浴室の壁です。
温度は高いところから低いところへ移る性質があります。
そのため壁が暖まっていない状態で浴室へ入ると、温かいあなたの体から浴室の壁へ、急激に温度が奪われるのです。
(放射冷却と呼ばれる現象です。)
これが浴室に入った時の強い寒さの正体です。

3.壁を味方にする

先にお湯を出しておいた上で、浴室に入ったらまずお湯で浴室の壁を暖めてしまいましょう。
可能であれば温度の高い熱湯が効果的です。

特に自分に一番近い壁は、念入りに暖めましょう。
そうすることで、壁が温度を奪う存在から温度を与えてくれる存在へ変わります。

何もせずに普通にシャワーを浴びていると、浴室が十分に暖まるまでには10分ほどかかってしまいます。
先に壁を暖めてしまえば、1~2分で浴室が暖かくなってきます。

(水道代とガス代はちょっと余計にかかることになります。)

4.まとめ

浴室暖房が設置されているワンルームマンションは、かなり稀です。
冬に浴室で寒い思いをされている一人暮らしの方は、多いと思います。

工夫すれば、寒さをだいぶ緩和することができます。
簡単にできますので、ぜひ一度試してみて下さい。

一人暮らしのお風呂場にオススメのグッズ