お風呂場革命!ボトルの底と、浴室の壁を絶対に汚さない方法。

スポンサーリンク
お風呂場革命!ボトルの底と、浴室の壁を絶対に汚さない方法。
photo by Juhan Sonin

お風呂場をキレイに保つ方法その2です。
その1はこちら

カビキラーさよなら!使わずにお風呂をキレイに保つ方法。
皆さんはお風呂キレイにしてますか?まさか黒カビとか生えてませんよね・・・。実は私、面倒くさがりなので、いつも...

ちょっと浴室へ行って、シャンプーボトルの底を見てみて下さい。
え、嫌?
やっぱり汚いですよね。石鹸カスや、カビでヌルヌルだと思います。

お風呂掃除をどんなに頑張っても、お風呂場は毎日使うものなので
またすぐに汚れてしまいます。

私はいろいろな対策を試しました。
今ではボトルの底はサラサラです。買ったばかりみたいなかんじ。
その対策とは、 風呂場の床に何も置かないことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.シャンプーボトルを床に置かない

「えー、浴室に置かないとメンドくさいじゃん。」

シャンプーボトルなどのお風呂グッズは、お風呂場に置きます。
でも風呂場の床には置かないのです。

お風呂グッズは、すべてシャワーラックを使用して置くようにします。

DSC_0026.jpg

この形だと床には何も置かないので、床が汚れません。
また掃除もしやすいです。

2.タオルの配置を工夫

ワンルームだとバスルームにタオルをかける所がなかったりしますが、タオルフックをマグネットや吸盤で付けるのは注意しましょう。
カビが生えたり、マグネットだとサビが出たりします。

退去時にサビが全然落ちなくて困ったことがあります。
使う場合は月1ぐらいで剥がして状態を確認すると良いでしょう。

DSC_0027

私は100円ショップのドアフックを利用しています。
ドアの隙間次第ですが使える方はぜひ試してみて下さい。

一人暮らしは、自分でやらないといけないことばかりで忙しいです。
掃除する回数が極力減るように、掃除する時もしやすいように、工夫しましょう。
グッと汚れにくくなりますよ。