待った!早くLEDへ交換するべき電球とそうでない電球がある

スポンサーリンク
ちょっと待って!早くLEDへ交換するべき電球とそうでない電球がある
photo by Anton Fomkin

あなたのお家は、LED電球を使っていますか?

使っている方は、やはり電気代や電球代の節約が目的かと思います。
電気代は安くなるし電球も相当長持ちします。

しかし、実はLED電球に変えてもそれほど大きくは節約にならない場合があるんです。
まだLEDに変えていない方は、よく確認してからLEDに変えた方がよいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.電球型蛍光灯で十分節電できている

実はLED電球と電球型蛍光灯(パナソニックのパルックボールなど)では消費電力は、ほとんど変わりません。
電球型蛍光灯も、なかなか優秀だということです。

購入価格はLED電球の方が高い場合が多いので、急いで買いかえる必要はありません。

LED電球の方が長持ちで発熱しにくいなどのメリットはあるので、
今使っている電球が切れた時に、LEDを検討するのがよいと思います。

2.白熱電球はすぐにLED電球に変えるべき

使っている家庭は少なくなっていますが、もし白熱電球を使っている場合はすぐにLED電球へ交換すべきです。

今でもキッチンや廊下のミニ電球(ミニクリプトン球)として、使われていることがあります。

白熱電球の消費電力は、LED電球のなんと5倍以上です。
交換するのが遅れれば遅れるほど、損になります。
早めに交換しましょう。

具体的に数字を比較したいと思います。

パナソニックの電球形蛍光灯「パルックボール」60形。
消費電力は11Wです。

アイリスオーヤマのLED電球60形。
消費電力は6.9Wです。

パナソニックのミニクリプトン電球60形。
消費電力は54Wです。

実際に比較してみると、LEDとクリプトンだと8倍の差がありますね。
比較してみた商品は以下になります。
Amazonだと各商品とも消費電力が記載されていました。

3.まとめ:蛍光灯もそれなりに優秀

白熱電球は、すぐにLED電球に変える。
小さい電球でも、思った以上に電気代を使っています。

電球型蛍光灯は、切れるまでLED電球に変える必要はない。
もったいないですから、使い切った後交換しましょう。

お得だと思ってあわてて交換しても、実は損なんです。
お気をつけ下さい。