本当にダメなのか?0SIM(ゼロシム)の使い道を探ってみる。

本当にダメなのか?0SIM(ゼロシム)の使い道を探ってみる。

 

ゼロシム(0SIM)ってご存知ですか?
いろいろと制約はありますが、その名の通り0円で使えるSIMのことです。
初登場時は雑誌の付録だったため結構ニュースになりました、そのおかげで覚えている方も多いかもしれませんね。

 

0SIMがこの世に出てから、それなりに時間が立ちました。
今現在どのくらいの人が使っているのかというと…、けっこう少ないみたいです。
ダメなSIM、使えないSIMと世間から評価されてしまっています。

 

でも基本使用料が0円というのは、なかなか魅力的に思えます。
たまにちょこっとだけ使いたいなら、使い道がある気がしますよね。

本当に使えないSIMなのか、自分で確認してみることにしました!

 

1.いろいろな場所で速度計測

ダメなSIMというレッテルを貼られた一番の理由は、速度の遅さが原因のようです。
ということで、まずはどのくらいの速度なのかを測ってみます。

モバイルルーターに挿して、そのWiFiにスマホで接続して計測してみました。

(ゼロSIMが無料なのは月500MBまでなので、モバイルルーターを使う際は使用データ量がわかるものが良いです。
FREETELのARIA2、今日分と今月合計のデータ量が表示されます。何より安いからオススメです。)

 

 

自宅にて

自宅の計測結果

確かに速くはありませんが、そこまでヒドイわけではないです。
基本タダなのを考えれば、悪くないな数字かなと思います。

何回か測り直してみましたが、時間帯によってもけっこうムラがありました。

(速度計測は、Googleのインターネット速度テストを使用します。)

 

Test your internet speed - Google Search Help
Theinternet speed test measures the speed of your internet connection.Your connection speed includes things like download speed and upload speed. Google partner...

 

品川駅にて

品川駅の計測結果

これはヒドイ(汗)。
60Kbpsなので、格安SIMの低速モードより遅いです。
ここまで遅いと確かに実用性はありません。

ゴミSIMと呼ばれる理由はこのあたりにある気がしますね。

 

神谷町駅のスタバにて

神谷町の計測結果

さっきはよりは少しマシですが、まだ遅いですね。

 

日本橋駅にて

日本橋の計測結果

ここでは速い数値が出ました。
理由はよくわからないです。

2Mbps以上出てる所は見たことがないので、このぐらいがゼロSIMとしての最高速度なのかと思います。

 

2.計測結果のまとめ

 

確かなのは、ゼロSIMは場所や時間によって速度にかなりムラがあるということです。
遅い時は、使い物にならないぐらいに遅くなります。
しかし、常に遅いわけでもありません。

 

以下は推測ですが、人が集まる地域だと遅いように思います。
そういう地域ではわざと速度が出ないように、調整しているのかもしれません。
また一般的に格安SIMの速度が低下すると言われている時間帯、夕方~深夜も遅くなるように感じました。

 

3.ゼロSIMは使えないSIMか

Embed from Getty Images

 

自分で使ってみて、世間の評価が低い理由はよくわかりました。
でも、まだ使い道はあると私は考えています。

 

例えば旅行時だけ、WiFiのない古い温泉宿で使ってみるとか。
ゼロSIMが完全に無料なのは月500MBまでなのでハードな使い方はできませんが、その一日だけで500MB使えると考えれば結構いろいろできるはずです。

速度がちゃんと出るかという問題は残りますけど。

(それにOCN モバイル ONEみたいな、追加料金を払えば一日使い放題にできるSIMを使っている方はそっちの方が便利かもしれません。)

 

実際に甲府の温泉旅館で使ってみたところ、これぐらいでした。

旅館明治で使用した時の速度

速いとは言えませんが、何もないよりはだいぶマシでした。
結局一日で1GB以上使いました。無料分を大幅に超えましたね。

ゼロSIMは、私にとってはまだしばらく使い道のあるSIMになりそうです。

 

0 SIM | nuroモバイル
格安SIM・スマホのnuroモバイル、500MBまで無料で使える高速モバイル通信サービス「0 SIM」のページです。2016年12月1日より、月間申込み数限定で毎日お申込みいただけるようになりました。

 

関連書籍