着信専用の電話なら0円で持てる!050番号を活用しよう。

電話使ってますか?
スマホを触らない日はなかなかないと思いますが、
「そういえば最近電話してないな……」という方けっこう多いと思います。
知り合いと話す時は、LINEを使いますからね。

最近、お金に困っている友人の松本くん(仮)から、0円で電話番号を持つ方法はないか?と聞かれました。
「電話番号なんか無くても困らないでしょ?」と答えたのですが、いざないととても不便とのことでした。

松本くんは節約のためにMVNOのデータ専用SIMにして、電話契約は無くしてしまったそうです。
ただいざやってみると、会員登録や飛行機の予約時などは電話番号が絶対に必要なため困っている、という状態でした。

調べてみた結果、データ専用SIMへ期間限定ながら0円で050番号を持たせることができました。
今回はそちらを共有したいと思います。

1.電話番号がないと何ができない?

現代社会において電話番号は信用情報です。
何かの会員になろうとすると、氏名と住所と電話番号を必ず記入することになります。

この3つでワンセット。
電話番号なしで登録させてくれと言うのは、氏名なしで登録させてくれというのと大差ないのです。

電話番号がないと銀行口座は開設できません。
クレジットカードも作れません。
窓口購入であれば新幹線の切符を購入することは可能ですが、ネットからだと会員登録ができないので予約できません。
飛行機は電話番号を必ず聞かれるため予約できません。

現代社会は電話番号がないと、生活していくことが困難なのです。


2.050番号とは

050で始まる電話番号は、インターネット回線を利用したIP電話専用の電話番号です。
初めて登場した時には、ひかり電話といった名称で固定電話の代替として使用されることが多かったものです。
覚えている方も多いのではないでしょうか。

このIP電話ですが、最近ではスマホで使うものの方が主流になりつつあり、今回はこれを利用します。

3.IP電話の特徴

IP電話は基本的には普通の電話と同じように使うことができます。
しかし、違うところもあります。
一番の注意点は、かけることができない電話番号があるという点です。

IP電話は110番や119番などの緊急電話、その他フリーダイヤルに対して電話をかけることができません。
なのでメインの電話としての使用はオススメできません。
サブ回線や着信専用電話としてであれば活用できるかと思います。

また、インターネット回線を使用した電話のため、回線速度が遅いと通話品質が悪くなる可能性があります。
ただ今回UQモバイルの低速モード(200kbps)で使用してみましたが、特に問題はありませんでした。


3.スマホからアプリでIP電話を使う

スマホでIP電話を使うにはアプリを利用します。
050番号を使用できるアプリはいくつかありますが、ここでは期間限定ながら完全に無料で使える「SMARTalk」を例として説明します。

①会員登録

「SMARTalk」を利用するには「IP-Phone SMART」というサービスへ会員登録が必要です。
それほど難しい項目はありませんのでサクッと登録してしまいましょう。

ただ一点だけ注意点があります。
そもそもこの「IP-Phone SMART」の会員登録の中で、電話番号を使った認証が必要なのです。
今回松本くんは、実家の固定電話を使用して認証を通しました。

他の手段としては家族や友達に携帯を借りるなどの手段があります。
ここは各自で少し工夫が必要な点です。

②アプリインストール

050番号を使用したいスマホへ、アプリインストールを行います。
Andorid/iPhoneともに専用アプリがあります。

SIPアカウント、SIPパスワードの入力を求められます。
①の登録の最後、または登録後のマイページから確認することができますので、入力しましょう。

③設定変更

既に使用できる状態ですが、念の為に設定変更を行いましょう。
アプリを起動して右上から設定を選択。

「環境設定」⇒「高度な設定」と進みます。
「OS起動時にSMARTalkを起動」にチェックを入れましょう。

これを入れておかないとスマホを再起動した場合に、電話を着信できなくなる可能性があります。

④SMARTalkを使用する場合の注意点

SMARTalkは、着信専用であれば完全に無料で使用することができます。
しかし、料金の支払いが一年間発生しない場合は契約が解除される可能性があるとのことです。
無料で使えるのは一年間だけということですね。

友人の松本くんは一年後には状況が変わっているはずなので、これで十分とのことでした。
もしSMARTalkを永続的に使いたいのであれば、ある程度電話をかけて料金を支払う必要があります。
30秒/8円で使用することができるため、一般的な携帯電話よりはずっと安いです。

また、わざわざ一年に一度電話をかけるのが煩わしいという方は、別のIPアプリを利用するいう手もあります。
「LaLa Call」はケイ・オプティコムが運営する月額100円のIP電話サービスです。
使用しなくても勝手に解約されることはありません。
ある程度長い期間使う予定の方はこちらの方がオススメです。

5.まとめ:050という選択肢があることを知る

MVNOでも通話あり/なしでは、月額600円ほど変わってきます。
スマホの使用料を抑えたいのであれば、データ専用SIM+IP電話という選択肢があることも知っておくべきです。

また、既にデータ専用SIMを使っているという方も「SMARTalk」であれば0円ですので、使ってみていただければと思います。
サブとして電話できるようにしておくと意外に便利ですよ。

何かあった時のために110番できないIP電話は不安という方は、
一般回線の通話プランが一番安いゼロシム(月額756円)もご確認ください。
こちらを検討するか、他のMVNOで通話+データ通信のプランを選ぶことになると思います。

関連アイテム

スポンサーリンク
通信費
この記事への評価をお願いします!
応援してくれる方は是非フォローをお願いします。
貧乏貴族の優雅な生活