クレジットカード使い分けてますか?私のメインカードとサブカード。

クレジットカード使い分けてますか?私のメインカードとサブカード。

 

あなたはどんなクレジットカードを使っていますか?
わたしは今までに、たくさんのクレジットカードを作ってきました。
多くのクレジットカードを使い分けることが、節約に効果的だからです。

 

クレジットカードは、それぞれ自社グループなどの特定のお店特定の場所で使うとお得なように作ってありますよね。
今回はクレジットカードを使い分けた場合に、メインカード・サブカードとして使い勝手がよいカードを比較&紹介したいと思います。

1.メインカードのおすすめカード

メインカードとは文字通り、主に使うカードです。
何か事情がない限りは、このカードで支払いを行うことになります。

 

メインカードに求められる条件は、

■高還元率であること。

■年会費が無料。または、年会費が無料になるハードルが低いこと。



この条件を満たす、わたしが推薦するメインカードは以下です。

 

REX CARD(レックスカード)

REX CARD | クレジットカードのジャックス

 

メインカードとしてオススメします。
ポイント還元率が、1.75%と非常に高いお得なカードです。
比較サイトの価格.COMが考えただけあって、よくできています。

 

明細の反映がやや遅いなど、サービス面での不安は多少あります。
しかし、カード払いが年間50万円以上ある方には、最適の選択といえるでしょう。
(年間50万円以上使うと、来年度の年会費が無料になるため。初年度は無料。)

 

「年間50万円も使わないよ。。」という方には、 年会費が完全に無料で、ポイント還元率1.25%の「REX CARD Lite(レックスカード ライト)」もあります。
ぜひ一度、確認してみて下さい。

 

REX CARD
クレジットカードのジャックス公式サイトです。こちらのページでは、最高水準のポイント還元率REX CARD!!いつでもどこでも還元率1.25%についてご紹介しております。

 

2.サブカードのおすすめカード

サブカードとは、特定の場面でのみ使うカードになります。

 

サブカードに求められる条件は、
■特定の場面において、メインカードよりお得であること。
■年会費が無料であること。または(メインカード以上に)年会費が無料になるハードルが低いこと。

 

この条件を満たす、わたしが推薦するサブカードは以下です。

 

楽天カード

 

サブカードとしてオススメします。

 

楽天カードで買い物するとポイントが3倍になる楽天カード感謝デー、 楽天カードを持っていると参加できるポンカンキャンペーンがあるからです。
また、ポイント還元率も1%と高めなので、メインカードとしてもアリです。

 

特徴として、明細の反映が早い&使用履歴がメール配信されるため、万が一の事態にもすばやく対応できます。
(使うたびにメールが来るのが、うっとおしい人もいるかもしれませんが。。)

 

楽天カードは完全に年会費無料です。
なので、「使わないで持っておくだけ」ができるわけです。
サブカードとして優秀と言えるでしょう。

 

楽天カード

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード




サブカードとしてオススメします。

 

コストコで裏技的に使われるカードです。
コストコでは、コストコ専用クレジットカードか、アメリカン・エキスプレスのカードしか使えません。
「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」はアメックスのカードでは一番かんたんに持てるため、コストコファンから人気があります。

Amexブランドのクレジットカードを、年会費無料でもつ方法。
先日カフェで食事をして、支払いのために並んでいた時のことです。 わたしの前に並んでいた人の、サイフの中...

 

わたしはコストコには行きません。
しかし、人とは違うブランドのクレジットカードを持ってみたかったので、セゾンパールを作りました。
アメリカン・エキスプレスのカードが財布にあると、お金持ちになったような気がしますよ。
(あくまでも気分だけですが。)

 

年に一度でも使えば、翌年の年会費が無料になります。
年会費無料ではありませんが、ハードルは低いと言えるでしょう。
ポイント還元率は0.5%のため、「ポイント興味ないよ」という方以外、メインカードにはオススメしません。

 


セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 

3.カードを作る前に気をつけること

もしもこの記事を読んで、「このカードがお得そうだ。作ってみよう!」と思っていただけたら、それはうれしいことです。
お役に立てて、なによりです。
しかし、一点注意していただきたいことがあります。

 

例えば、「レックスカード」と「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」を作りたいと、思ったとしましょう。
そして、同時に申し込み手続きをすると、おそらく片方しか審査が通らないと思います。

 

クレジットカードは信用情報を共有しているため、短期間に複数のカードを作ろうとすると断られてしまうのです。
わたしもクレジットカードの使い分けを始めたころに、3枚同時に申し込んで失敗しました。
1枚作るごとに、半年ほどは期間を空けると安全なようです。

 

「急いては事を仕損じる」、気長にいきましょう。

 

以上。


関連書籍