一振りで本場の味!安い麻婆豆腐の素を転生させるマル秘調味料

スポンサーリンク
一振りで本場の味!安い麻婆豆腐の素を転生させるマル秘調味料

わたしは麻婆豆腐がけっこう、いやかなり好きです。

「マーボー豆腐の素」を買ってきてよく作ります。
あとは豆腐だけ買えばいいので、簡単に作れて便利ですよね。
(ひき肉も買わないといけないタイプもありますが。)

スーパーに行ったらわかると思うのですが、「マーボー豆腐の素」にもいろいろな種類があります。

私は「新宿中村屋」のが好きなんですが、それは1食分入りで200円ぐらい。
プライベートブランドの安いやつだと、2食分入りで160円。1食あたりだと80円!
ずいぶんと値段が違います。

「どっちを買うべきかなー」とスーパーの棚の前で悩むわけです。
安いやつは辛味が足りなくて、美味しくないんですよね。

悩んでパッケージを見比べた結果、私はおいしさと安さを両立させる方法に気づきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.おいしいマーボー豆腐の秘密

マーボー豆腐の素って、何でできてるかご存知ですか?
マーボー豆腐の素は、豆板醤をメインにいくつかの醤(ジャン)でできています。
豆板醤がマーボー豆腐のうまさと辛さを作っているわけです。

新宿中村屋のマーボー豆腐の素にも、豆板醤が入っています。
でも、プラスアルファがあるんです。

新宿中村屋のマーボー豆腐の素には、「辛みと香りの小袋」というやつが付いてきます。
これの中身は何かというとホアジャオです。

2.ホアジャオとは

ホアジャオは「花椒」と書きます。
中国山椒、四川山椒と呼ばれることもあるものです。

独特のさわやかな香りと、痺れるような辛みがあります。
これを入れると、香りと辛みが増して美味しい本場のマーボー豆腐になるわけです。

特に香りですね。
食欲をかきたてる独特の香りがします。
匂えばああこの香りのことかと思うはずです。

3.どこで買えるか

「ホアジャオなんて初めて聞いた」という方、けっこういるのではないでしょうか?
でも、実はけっこう普通に売ってます。

大きいスーパーならほぼ絶対あるはずです。
値段も130円ほど。

↑スーパーにあるのはおそらくこれ。

近所にあるスーパーの中華食材コーナーでも、意外と見つかるかもしれません。
もちろんネットでも買えます。

ちなみに、ホアジャオを入れる量はちょっとだけにしましょう。
人によっては、ひとつまみでもちょっと多いかもしれません。
ドバっと入れると、辛くて食べられなくなってしまいます(笑)。

安いマーボー豆腐の素でも、ホアジャオを入れると美味しいというお話でした。
あなたも是非一度、試してみて下さい。

(追伸:ホアジャオをたっぷり使った、汁なしタンタンメンが買えるお店があります。 私はあまりの辛さにびっくりしました。辛いのに強い方は良かったら試してみて下さい。)