陸の孤島?車がないと行きづらい「iZoo」他にどんな手段があるのか行って見てきた!

「iZoo」という動物園をご存知でしょうか。

伊豆の河津にある、爬虫類がたくさんいるので有名な動物園ですね。
園長の白輪剛史さんがメディアでとても有名なので、「iZoo」は知らないけど園長さんは知っているという方もいるかもしれません。

私も前から興味はあったのですが、「iZoo」は交通の便が悪くなかなか行けないでいたのです。
でも最悪少しぐらいは歩くことになってもいいし、行ってしまえば意外となんとかなるんじゃないかと思い、今回行ってみることにしました!

1.公式サイトの情報だと行ける手段が少なすぎる

iZooの公式サイトでアクセス方法を見ると、

伊豆急行“河津駅”よりタクシーで5分の立地です。
またお車でお越しいただく場合も安心の大駐車場を完備しております。

http://izoo.co.jp/access.html

と記載があります。

iZooは、タクシーか自家用車でしか行くことができず、バスや徒歩でのアクセスは推奨されていないのです。

2.行って調べてみた

タクシーが捕まえられない時はどうしたらいいんだろう、と不安を抱えつつ、iZooへ行って来ました。
結論から書くと、行きはタクシーを捕まえられました。しかし、帰りは電話しても全然タクシーに空きがなく、徒歩で河津駅まで行くことになりました。

実際に行ってみて、なぜ他の交通手段が無いのかわかったので記載します。

まずバスについて、
iZooの近くには菖蒲沢というバス停があるのですが、本数が極端に少ないです。
河津駅から菖蒲沢へ向かう便は、土日は夕方の遅い時間にしか便がなく、iZooが開園している時間に着くようには利用できないのです。
(平日は14時台の便がありますが、できればもっと早い時間から行きたい方が多いかと思うのでこれも微妙。)
また、逆方向の菖蒲沢⇒河津駅へ向かう便は午前中しかなかったりするので
iZooから帰る時だけバスという利用も厳しいです。
おそらく地域の方が通勤などで利用することを想定した路線なのでしょう。

菖蒲沢 バス路線系統一覧|ゼンリンいつもNAVI
菖蒲沢 の時刻表ページ。バス停を通るバス系統ごとに時刻表、路線図、バス料金を確認する事ができます。

次に徒歩についてです。
徒歩で河津駅からiZooまでは距離的には30分ほど。
私は今回帰りだけ歩きましたが、行きは登り道になるのでもう少し時間がかかるかと思います。

やや遠いという問題もあるのですが、徒歩ルートには一つ致命的な問題があります。
歩道がなく、車道の路肩を歩かなければならない区間が200mほどあるのです。
そこそこ交通量もあるのでかなり注意して歩く必要があります。

(河津駅⇒iZoo視点。ここから歩道がない。)

私達以外にも歩いて駅へ向かう方を一組だけですが見たので、荷物の少ない方ならなんとかなるかなぁといった印象です。
子供連れのご家族や、旅行でキャリーバッグを持っているような方は、危険なので徒歩は絶対止めた方が良いと思います。

自分で体験してみての結論ですが今の状況であれば、行きはタクシー、帰りもタクシーだけど捕まえられない時は最悪徒歩で帰る、というのが良いように思います。
iZooの出口に近隣のタクシー会社3社の電話番号を貼ってくれていました。
(私は3社ともかけて満車だったので歩いて帰ったのですが。)

追伸:
できれば河津駅⇔iZoo間の循環バスとか作って欲しいですね。
都心住みだと車のない方も多いと思いますし、タクシーも簡単には捕まらない地域みたいなので。

3.iZoo自体はすごく良い

行き帰りはなかなか大変ですが、iZoo自体はすごい良いところです。
ウーパールーパーにタッチできたのも良かったし、イグアナは格好良いし、
なんといっても大きいのから小さいのまでカメが溢れかえるほどいます。

ウーパールーパーの背中にタッチ。
ウーパールーパー。背中に優しく触る分にはOKとのこと。
iZooのたくさんの大型カメ。
このサイズのカメがこんなに…

小型のワニを手に持ったり、大蛇を首に巻いて写真に撮ったり、他ではできない体験ができるので
行ったことがない方はぜひ行ってみていただければと思います!