明日はどうしても寝坊できない!わたしが絶対に起きるためにやっている3つのこと。

スポンサーリンク

明日はどうしても寝坊できない!わたしが絶対に起きるためにやっている3つのこと。

わたしは社会人7年目です。
社会に出て、それぐらいの時間を過ごせば、仕事の失敗だってもちろんあります。
そう、例えば寝坊したこととか。

わたしがまだ新人だった時の話です。
8時に出社して、夜勤明けの先輩から引継ぎを受ける予定でした。

しかし、目が覚めて時計を見ると、
すでに8時でした。
「やっちまった・・・。先輩にシバかれる・・・。」

この時の感情を、私は生涯忘れることはないでしょう。
これ以来、わたしは早起きが必要な日は、特別な対策をとることにしました。

とは言っても、難しいことではありません。
誰でも、明日からでも実践できる3つのことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.水分をしっかり取る

「すごく疲れていたから、12時間も寝ちゃった!」みたいな自慢をしている人、たまに見ますよね。
こういう人は、寝る前に水分を取っていなかったのでしょう。

水分をしっかり取っていれば、連続して12時間も寝ることはできないはずです。
寝る前にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。
朝トイレに行きたくなって必ず目が覚めます。

飲みすぎると、夜中に目が覚めてしまいます。
そこだけご注意下さい。

2.特別な朝食を用意しよう

わたしは、普段の朝食はパンです。
でも寝坊できない日の朝は、お米を食べるようにしています。

普段とは違う朝食を用意しておけば、目が覚めた時にまず食べ物のことが頭に浮かぶはずです。
そうなればこちらのもの、食欲が出てきて、そのままベッドから出られます。
二度寝防止に効果的です。

前日にわざわざ朝食を用意することで、「明日は特別な日だ」と気合も入りますからね。

3.目覚ましは2つ

正直なところ前述したことを準備すれば、目覚ましは1つあれば十分です。
しかし、最後の切り札としてサブの目覚ましを用意しましょう。

メインの目覚まし時計より、5分遅くサブの目覚ましをセットします。
サブの目覚ましは、最後の切り札です。

その音を聴くことはあってはいけません。それは一度寝過ごしたことを意味するからです。
その思い込みが大切です。

その思い込みがあれば、例え二度寝してしまったとしても、
聴きなれないサブの目覚ましが鳴った時、驚きで必ず目が覚めるはずです。

ちなみに、わたしはサブの目覚ましは、スマホを使っています。

特別な一日だけであれば早起きはかんたんです。
「水を飲むだけなんて簡単なことでは頼りない」と思うかもしれません。
でも、簡単にできることだからこそ、ぜひ一度試してみて下さい。

関連書籍