【スマホ編】これで安心して使える!フリーWiFiのセキュリティを上げる方法。

スポンサーリンク
【スマホ編】これで安心して使える!フリーWiFiのセキュリティを上げる方法。

駅やカフェにあるフリーWiFi、使っていますか?

使いすぎてLTEに速度制限がかかってしまったギガ不足の時や、そもそも通信量を節約したい時にとても便利ですよね。
接続も簡単にできます。
でも、フリーWiFiって実は危ないという話を聞いたことはないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.フリーWi-Fiはここが危ない!

フリーWiFiの通信内容は暗号化されていないため、誰かに盗み見られてしまう可能性があります。

「そんなことなかなか無いでしょ?」
私も最近までそう思っていました。
でも先日意外なところで危機感を覚えました。

チェーン店のカフェでフリーWiFiに接続して、Twitterでいろいろ呟いたりしていたところ、突然そのチェーン店のアカウントからフォローされたのです。
別にそのカフェのことをツイートしたりはしていません。

「フリーWiFiの通信内容は確実に誰かに見られている」
急に怖くなりました。

2.フリーWiFiはアプリでかんたんに安全化できる

フリーWiFiを安全に使用するためには、暗号化する必要があります。
実は、スマホであればアプリをインストールすることで簡単に実現することができるのです。

私が使っているのは「1.1.1.1」というアプリです。
開発元は海外企業ですが、日本も含めて使用者/レビューともに多いのでそこそこ信用できるアプリだと思います。
アプリ自体は無料で使用することができます。

アプリ「1.1.1.1」の画面

アプリの画面はとてもシンプルで、画面中央のボタンを押すとVPN接続になり、もう一度押すと解除できます。

VPN接続になっていればヘッダーに鍵マークが表示されるはずです。
(Andoroid端末にて確認。)

また、接続元のIPやプロバイダを調べるサイトでも確認できます。

Test your IPv6.
This will test your browser and connection for IPv6 readiness, as well as show you your current IPv4 and IPv6 address.
test-ipv6.comでプロバイダとIPを調べた結果

インターネットサービスプロバイダにはWiFiの提供元会社などが入りますが、「CLOUDFLARENET」という見慣れない表記がされるはず。「1.1.1.1」の開発元の会社名です。
これがVPNサーバを経由して通信していることを表しています。

3.更に強固なセキュリティを目指す場合

ここまでに紹介した方法で、フリーWiFi使用時のセキュリティはかなり向上します。
ただフリーWiFiだとやはり限界があり、第三者による通信の傍受は防ぐことができますがWiFiの提供者から完全に通信内容を隠すことはできません。

これを避けたい場合には有料WiFiの使用を検討しましょう。
駅やカフェには無料WiFiと併設して、三大キャリアやその他業者の有料WiFiがあることがほとんどです。
(私は最近ワイヤ・アンド・ワイヤレス提供のギガぞうを使っています。)

ギガぞうWi-Fi – 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス