解決した!自動移管された確定拠出年金を取り戻した方法。

解決した!自動移管された確定拠出年金を取り戻した方法。

2020年4月に人生で初めての転職をしました。
初めての転職なのでわからないことだらけ。大変でした。

そんな中で、一つだけ手続きを失敗してしまったことがあります。
前職で加入していた企業型確定拠出年金(企業型DC)についてです。

1.手続きしないでいたら自動移管された

私がした失敗は2つ。

・移管手続きを忘れて放置していた
・転職先の企業型DCにも加入しなかった

私も離職時には意識していたのですが、転職というのは何かと忙しくなりがちです。
業務上でも新しく理解しないといけないことが非常に多いですし、
さらにこの時期は日本に新型コロナが広がり始めたころで、転職先もかなりバタバタしていました。
そんな中で移管手続きを忘れたまま、移管期限の6ヶ月が経過してしまったのでした。

確定拠出年金に関する重要なお知らせ(自動移管通知)

転職などによる資格喪失後6ヶ月移管しないでいると、
こんなかんじの書類が来て、国民年金基金連合会へ年金資産が自動移管されます。

確定拠出年金の自動移換|確定拠出年金のJIS&T
確定拠出年金の自動移換についてのページ。確定拠出年金(DC)の基本から制度、運用、加入手続きについては、運営管理機関JIS&Tが提供する【確定拠出年金まるわかりポータルサイト】にお任せください。

自動移管されると、手数料が引かれるし、このままにしておくと毎月別途手数料がかかる&定年後も引き出せないので悪いことばかりです。

こうして私はうっかり90万円のお金を失うことになったのでした。

2.自動移管されたお金を取り戻す方法

時間がない方のために結論から。

私がお金を取り戻すためにやったことは
「転職先で新しく企業型確定拠出年金に加入した」
これだけです。なぜこれだけ解決したのか説明します。

明記されている資料がほとんどないのですが、
「自動移管者が新たに企業型DCに加入した場合、本人の申し出がなくとも自動移管された年金資産を新しい企業型DCへ移管する」制度が今はあるのです。

この制度に気づいて私が転職先の企業型DCに加入したのは2021年の9月になってしまったのですが、
12月ごろには自動移管されていた年金資産が戻ってきました。

移管手続完了通知書
移管手続完了通知書2

なんとか私は無事90万円を取り戻すことができました。
転職後すぐにまた企業型DCへ加入して再開していれば、勝手に引き継がれたはずなんですよね。
自ら落とし穴へ飛び込んでしまったようです…。

上記制度は氏名や住所、基礎年金番号などを元に名寄せしているらしく
100%確実に新しい企業型DCへ移管されるというわけではないようです。

しかし、
・自動移管されてどうすれば良いかわからない方
・調べて手続きしている時間がないという方
は、まずは一番かんたんな方法として試してみる価値があるかと思います。