部屋がライブ会場に。近所迷惑にならずに大音量で音楽を聴く方法

スポンサーリンク
部屋がライブ会場に。近所迷惑にならずに大音量で音楽を聴く方法

自宅で大きな音を出すと近所迷惑になります。

私も最近、上の階の人がうるさくて困ってます。
特に集合住宅だと必ず付いてまわる問題だと思います。

でも、ライブや映画のDVDとか、ゲームとか。
大音量で響かせてこそ楽しめるものもあると思います。

解決策としては、イヤホンやヘッドホンを使用するという方が多いのではないでしょうか。
私もそうしています。

でも、普通のヘッドホンを使用しているわけではないんです。
私が使用しているのは、SONYの「MDR-DS7100」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.ワイヤレスだと10倍は便利

有線のヘッドホンにもリーズナブルなわりに音質が良いなどメリットはあります。

しかし、有線だと移動範囲が限られますよね。
下手に動いてプラグが抜けたらと思うと、そもそも動く気にもなりません。
ワイヤレスだと気持ちが楽になります。

ヘッドホンしたままウロウロできるし、トイレにだっていけます。
私はこのヘッドホンをしてネットラジオを聴きながら、食器を洗うのが日課です。

2.音の臨場感がスゴイ

7.1chデジタルサラウンドは、本当にスゴイです。
わかりやすく言うと、方向性のある音を実現しているってことです。

ぜひ大きめのテレビで、このヘッドホンを使用して、ライブのDVDを見てみることをオススメします。
必ず一度は「あっ、本当にライブ会場にいるみたい」と思う瞬間があるはずです。
正直ちょっと感動しました。

3.ワンタッチで出力元を切り替え可能

プロセッサ(写真でいうと、隣の箱みたいなやつ)には、入力端子が3つあります。
(光端子×2、ステレオジャック×1)
そのため「DVDレコーダーで使ってたけど、次はパソコンで使って動画でも見よう」が、ワンタッチでできます。
わざわざ抜き差しする必要がないので、便利です。

最新機種はこちら。

デジタルサラウンドヘッドホンは、この5年で一番買って良かったものと言っても過言ではないです。
個人的には一人暮らしの必須アイテムとして、オススメしたいと思います。