Googleからのペナルティかを判断する方法。(自動ペナルティ編) | 貧乏貴族の優雅な生活

Googleからのペナルティかを判断する方法。(自動ペナルティ編)

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)

Googleからのペナルティかを判断する方法。(自動ペナルティ編)

当ブログには、Googleからペナルティを受けてしまったと思われるページがあります。
”思われる”という微妙な言い方しかできないのは、Googleから特に連絡は来ていないからです。

そのページは検索しても全然出てきません。
でも「SEO対策がダメ過ぎて1000位ぐらいまで見ないと表示されないのかな…」ぐらいに考えていました。

ところが本日あることをしている時に「これは間違いなくGoogleペナルティだ!」と確信してしまったのです。

photo by mjmonty

1.手動ペナルティと自動ペナルティ

これについては他に詳しく書かれているページがたくさんあります。
なのでここでは超ざっくりとだけ。

まずGoogleペナルティとは、以下の処置を受けることです。

  1. 検索結果の順位を下げられる
  2. インデックスの削除をされ、そもそも検索しても表示されないようにされる

Googleが公表しているガイドラインに違反すると、受けることになります。
「悪いことをしたからゲンコツされた」みたいなものです。

さらにGoogleペナルティには2種類あって、「手動ペナルティ」と「自動ペナルティ」があります。

  1. 手動ペナルティは、Googleの人が手動で行う
  2. 自動ペナルティは、あらかじめ決められたアルゴリズムにより自動で行われる

手動ペナルティの場合は”Google Search Console”(ウェブマスターツール)に通知が来るので、ペナルティを受けたことを自覚することができます。
(100%通知が来るわけではないようです。)

自動ペナルティはやっかいなことに何も通知が来ません。
一時的に順位が下がっただけなのか、ペナルティなのか判断がつかないわけです。

このせいでわたしも「Googleペナルティっぽいけど、、本当にそうなのだろうか…」と迷ってしまいました。

参考

SEOパックのブログ「恐怖!Googleペナルティの種類と対策」の記事です。

2.わたしが警告を受けた原因

低レベル過ぎて恥ずかしいので少しだけ。
推測になりますが、警告の原因は広告の出し過ぎだと思います。

当時はまだブログ初心者で、アフィ記事っぽいものにも挑戦してみたいと考えていました。
そして、たくさんの人に見てもらおうとFacebook広告を利用してみたのです。
金額も大きなものではなく、期間も短めでした。
ただ少し期間を空けて2回利用しました、これが良くなかったのかもしれません。

「スゲーいっぱい人が来て、リンクもけっこう踏んでくれる!ネットで稼ぐのってチョロいwww」

そう思った一ヶ月後に、そのページの検索順位がガクッと落ちました。
バカですね。

”Facebook広告”によってGoogleペナルティを受けることがないのかは、気にしてはいました。
しかし、事前に検索してもあまりそういう記載のあるページは見当たりませんでした。

わたしと同じような目に合う人が少しでも減るように、ここではっきり明記しておきます。
「”Facebook広告”を出稿することは、Googleペナルティを受ける原因になり得ます!」

3.Googleペナルティを確信した理由

「Googleペナルティっぽいけど、絶対にそうかはわからない」
そう思っていたわたしがGoogleペナルティを確信した理由についてです。

このブログではサイト内検索ができるようになっています。
PCだとサイドバーに、スマホだとずっと下の方に表示されます。
(”今週の人気記事ランキング”の下ですね。)
これはGoogleの機能”Googleサイト内検索”を利用して出しています。

当ページの訪問者の方にはあまり利用されていない機能で、どちらかというとわたし自身がよく利用しています。
「昔書いた記事をちょっと編集けど、いつの記事だったかな」という時に使ったりします。

今日もそのかんじで、例のペナルティを受けたであろう記事を検索してみたのです。

ところが、、検索結果に表示されませんでした。

記事名で検索しても表示されませんでした。

自分のサイト内検索なのに自分の記事が表示されないという、、なんていうか存在を完全に否定されたみたいで悲しいです。
(アフィ記事なんで仕方ないといえば、仕方ないのですが。。)

考えてみれば当たり前ですが、Googleペナルティの影響をGoogleサイト内検索も受けるのです。
ペナルティを受けた記事はサイト内検索であっても、表示されなかったり順位が低かったりするということです。
(順位の方は未確認ですが)

調べてみたところ、Googleのページにも以下の記載がありました。

サイト内検索では、~Google のインデックスに登録されているページのみが検索の対象になります

参考

サイト内検索では、Google の検索ロボットによるクロールされ、Google のインデックスに登録されているページのみが検索の対象になります。なお、検
このサイトは、これまでWordpressデフォルトの検索機能を使っていました。ただ、Search Meter(検索キーワード記録)プラグインなどで見ていると、最近検索数も多くなってきて、負荷も高くなってきているのではないかと思います。なので

4.まとめ

「Googleペナルティじゃない、一時的に順位が落ちてるだけさ!」
今日まで自分にそう言い聞かしてきました。
しかしその思いは、自分のサイトの記事なのにサイト内検索に表示されないという最悪の形で打ち砕かれました。
(まあ確かにアフィ記事なんですけど。。)

その記事がどの記事なのかは、、実際に検索して探してみて下さい。
ページビューが増えて僕が喜びます(笑)
(他にもサイト内検索に表示されない記事があったりして…)

関連書籍

最後まで読んでくれてありがとう!よかったらシェアもお願いします(´・ω・`)